なんでイライラするの?原因と対処法について

post01-head

生理前になるとなぜか「イライラ」してしまい、近しい人にはとても厳しい態度を取ってしまうという女性、少なくないでしょう。このイライラした気持ちというのは、分かっていてもなかなか抑えられないというのが特徴で、PMSの症状の1つとされています。

それでは、イライラした気持ちになる原因やその時どうしたらいいのかという改善方法などを見ていきましょう。

イライラの原因は?

「プロゲステロン」と呼ばれている女性ホルモンが排卵日を境に多量に分泌されるようになります。このプロゲステロンが様々な影響を与えていると考えられており、イライラする気持ちを誘発するのもプロゲステロンが原因だと考えられています。

イライラしたらどうすればいい?

実際に生理前にイライラする気持ちを味わったことがある人は分かると思いますが、なかなか気持ちを抑制できないという事がありませんでしたか?一度イライラのスイッチが入ってしまうと、とことん当たってしまうようになり、後悔をするという人が多いです。

そんなイライラする気持ちを抑制して、改善していくにはいくつかの方法があります。

イライラしてしまう時期を把握する

生理前のどの時期にイライラする事が多いのか、しっかりと把握しておくのがまず初めにするべきことになります。基礎体温を付けて、グラフを作る事によって自身の生理周期などが分かってくるので、PMSの症状が出やすい時期も把握できます。

がんばりすぎない

PMSの症状がいつ来るのか把握できたら、その時期に合わせて仕事やプライベートで疲れることなどをセーブするようにしましょう。つまり頑張り過ぎないようにすることが重要なのです。

ストレスが蓄積されると自然とイライラする気持ちが高まりますので、PMS症状を悪化させることになります。ですからPMSの時期には仕事もプライベートもセーブして過ごすようにしましょう。

婦人科の受診

あまりにもイライラする気持ちが収まらないという場合には、婦人科へ行ってPMSの相談をしてみましょう。専門的な話になりますが、婦人科に行く事で低用量ピルを処方してもらう事もできます。

服用することによってPMS症状の緩和が期待できるとされているので、自身が服用可能なのかという事も含めて、婦人科へ行って相談をしてみましょう。