鬱っぽい?人に会いたくなくなる症状

post02-head

PMSの症状の中に「鬱」というものが含まれています。いわゆる鬱病というのは本格的なものだと考えてもらうと、PMSからくるものは「鬱状態」と言ったら分かりやすいでしょうか。生理前だけにやってくる短期的なものだという事ですね。

では、なぜPMSによって鬱状態になるのか?原因や改善方法についてご紹介していきますので、症状に困っている方は参考にしてください。

鬱状態の原因

生理前というのは「プロゲステロン」と「エストロゲン」という女性ホルモンが脳内物質の「セロトニン」に悪影響を及ぼします。それはセロトニンの分泌量を低下させてしまうもので、セロトニンが減少すると不安を感じたり、鬱状態になることがあるのです。

つまり、生理や妊娠をする為の女性ホルモンの働きが、脳内物質のセロトニンに影響を与える結果となってしまうので、PMS症状として「鬱」が出てくるようになってしまうのです。

主な症状

孤独を感じるようになったり、なぜ自分はこんなことも出来ないのか?と自分を責めたりする感情が増えていきます。他にもなぜかわからないが、絶望感が拭えないという人もいますし、何をしても気分が沈んだままという状態です。

いつまでも悪い事ばかり考えるようになり、何もしたくないという感情が芽生えてきます。

改善方法

絶対的に治るという、コレだ!と言える方法というのは実はありません。しかし生理前に起こる、鬱のような感覚がPMSの症状なのだという事を理解する事で、自分がおかしいのではない!と考えられるようになります。そうやって、自分の心の異変がしっかりとした原因の元に起こっているという事が分かると、それだけで症状が軽減されることが多いのです。

なぜ何もできないのか?なぜこんな思いをしているのか?と疑問に思えば思うほどに、不安は膨らんでいき更に鬱を悪化させます。ですから、まずはPMSの症状の1つだから大丈夫!と思うようにする事が重要です。

納得と理解が出来るようになれば、無理に何かをしようとしなくてもいいでしょう。自分が居心地の良いと思える環境を整えて、ゆっくりと過ごすようにすれば気持ちも落ち着いていきます。それでもあまりにも辛いという場合には、婦人科に相談をしてみるのもお勧めです。