漠然とした不安感や恐怖感に襲われる

post05-head

多くの女性が感じているPMS症状の中でも1番多いとされるのが「不安感」です。言葉ではうまく説明できないような、漠然とした不安感やそれを考えたときに出てくる恐怖感というものがあります。こういった感情というのはPMSの症状の1つとしてとても多くの人が不快に思っているのです。

それでは、なぜ不安な気持ちになってしまうのか、原因と改善方法を見ていきましょう。

不安感や恐怖感の原因

生理前になるとプロゲステロンという黄体ホルモンが減少するのですが、これによって脳内物質の「セロトニン」が比例して減少していきます。

セロトニンというのは幸せな気持ちや、満足した良い気分を味わうために必要不可欠な物質です。しかしセロトニンがひとたび減少すると、不安な気持ちや孤独を感じるなどの症状を味わうことになるのです。

不安感や恐怖感の改善方法

漠然とした不安感

急にソワソワしてくる、何が不安なのか分からないけれど不安な感じがする、この不思議な不快な感覚はなんだろう?こういった症状は漠然とした不安感として考えられています。生理前に出てくるPMS症状の1つですが、パニック障害などにも似た症状があるので、PMSではないという場合にはそちらを疑うことも必要かと思います。

漠然とした不安感というのは、セロトニンが原因となっていますので、まずは体がおかしいという事ではないと理解をしてください。自分がおかしくなってしまったと思えば思うほどに、不安感は増していきます。ですから、PMS症状なのだから仕方がないと考えることで、不安な気持ちがスッとラクになるという事もあります。

また、自分の信頼できる人や身近にいる人に対してPMSによって不安な気持ちになる事があると言う話をしてみるのもいいでしょう。人に話す事で、スッキリするという人も居ますので、効果があると考えられています。

恐怖感

不安な気持ちに対して、いつまでも不安を感じていると恐怖心が出てくるようになります。頭がおかしくなったのではないか?体に何か病気があるのではないか?という事ばかりを考えてしまい、恐怖感が襲ってくるのです。

こういったことにならないように、不安を感じている時にはPMSだから大丈夫!と心で言い聞かせるようにしてみましょう。何もおかしいことは無いと考えることで、恐怖感を味わう事も減るでしょう。

気分転換

不安な気持ちを持っていると、外に出るのも怖いという人がいます。しかし気分転換を少しばかり強制的に行う事で、不安な気持ちから意識が逸れていきますので、不安感や恐怖感を味わいにくくなっていきます。

普段の生活で趣味となっているものや、新しい場所へ出かけるなどして、気分転換を測ってみましょう。