我慢できなくなったときに!低用量ピルでホルモンに働きかける

post08-head

PMSの症状を緩和させることが出来る薬というものがあります。それが「低用量ピル」と呼ばれる薬です。一般的に婦人科などで処方されている「ピル」と呼ばれている薬の、成分量が少なくなったものを、低用量ピルと言います。

では低用量ピルがどうしてPMSと関係しているのか、詳しくお話をしていきましょう。

低用量ピルについて

まず知っておいてもらいたいのは、低用量ピルについてです。様々な効果を得ることが出来るので、人によって服用する理由は様々あります。

  • 生理痛を軽減させる
  • 月経不順を改善させる
  • 子宮がんや卵巣がんになりにくい体にする
  • PMSの症状緩和

このような効果を求めて、人それぞれに低用量ピルを服用しています。

どんな作用があるの?

低用量ピルを服用すると、女性の体を「疑似妊娠状態」にする事ができるのです。つまり偽の妊娠状態が人工的に作られることによって、本当に妊娠しないようにするという作用があるのです。

こういった作用があるということで、月経に関する症状への働きも副効果として現れてくるようになります。それが上記に述べたような服用理由に繋がっているのです。

PMSへの効果

低用量ピルによって生理前に起こるホルモンバランスの乱れなどが、通常よりも軽い状態になります。

ホルモンバランスによって引き起こされるPMSにとっては、症状が出にくくなると言うメリットが生まれるのです。つまり、PMS症状が出る前のホルモン環境に対して作用してくれるということです。

どうやって購入するの?

低用量ピルは基本的には婦人科にいって診察をしてもらってから、医師に処方をしてもらうというのが一般的な購入方法です。たまに個人輸入という方法で、処方箋が不要なアメリカから取り寄せると言う人がいますが、それはお勧めできません。

まずはPMSの症状を婦人科でしっかりと伝えてから、医師と相談して低用量ピルを処方してもらいましょう。

副作用

低用量ピルは薬なので、副作用を感じる人もいます。副作用によっては飲むことを中断してしまうほど辛いものもあるので、飲み続けられないと思ったらすぐにやめて医師に相談をしてください。一般的に多い副作用は「頭痛や吐き気」となっています。