PMSを食生活で改善!おすすめの食事内容を症状別に紹介

post10-head

薬やサプリメントなどでPMSを改善する方法がありますが、生活を送る上で必要不可欠な「食事」を見直すことも重要だと言う事をお話していきたいと思います。食生活というのは、人間の健康を左右する大切な時間になりますので、見直しによってはPMS症状への緩和効果も期待できます。

どんな食生活が好ましいのか、いけない食事はあるのかなど詳しく見ていきましょう。

症状別に見る食事内容

過食やイライラする気持ちを緩和する

イライラする症状はPMSでもおなじみといったところですが、人間は血糖値が下がる事によってイライラする事があります。さらに過食を引き起こす原因にもなっていますので、血糖値が下がらないような食事をすることが重要になります。

ただし、急激に血糖値が上がるとまたそのあとに一気に血糖値が下がると言う流れが出来てしまうので、気を付けなければいけません。

ポイント1

血糖値が急激に上がらないようにする為に、糖分が多く入っている食品は避けるようにしましょう。お砂糖やチョコレートなどは血糖値の急上昇を招きますのでご注意を!

ポイント2

食事は1日3回ではなく4~5回に分けて食べると良いでしょう。PMS症状が出ている時に限っては、食事回数を小分けにしてゆっくりと消化できる食事を摂る事をお勧めします。

精神的不安定な状態を緩和する

ホルモンバランスが乱れてしまう事で、精神的不安定な状態になりますが、これは神経が緊張や興奮状態にある可能性があります。こういった場合には、神経の刺激を取り除くことが重要になりますので、リラックスできる食事を心がけます。

ポイント1

ビタミンB6が多く含まれる食品を摂取するようにしましょう。ビタミンB6は脳内物質のセロトニンを健康に導いてくれますので、精神的不安状態を改善する事が期待できます。

ポイント2

カフェインを摂取しないように心がけましょう。コーヒーや紅茶や緑茶などにはカフェインが含まれていますので、気を付けてください。カフェインはホルモンバランスを乱す要因になっています。

ポイント3

女性ホルモンに似ている働きをしてくれるイソフラボンを摂取しましょう。豆乳や豆腐を食事に取り入れる事をお勧めします。

その他に気を付けること

カロリーを多く摂取しすぎないようにして、野菜を多く食べるようにしましょう。青魚である、サンマやイワシなども積極的に食事に取り入れていくと症状の緩和に効果的です。

DHAやEPAという成分が含まれているのですが、脳内にとても良い効果を発揮するとして注目されています。これらの体に良い脂がPMSの軽減につながるという考えがありますので、是非食べてみましょう。

このように、食事の内容を見直していくことによって、PMSの症状を緩和する事が出来るのです。ぜひ1度自分の食生活を振り返ってみてくださいね。