PMSに効果的な5つの成分とサプリの選び方

post11-head

PMSの症状を緩和させたいと思った時に、どんな対処法があるのか模索している人は多いかと思います。おすすめの対処法として体に害がほぼない「サプリ」をご紹介したいと思います。

サプリで飲みたいおすすめの成分5種

プラセンタ

女性ならば誰もが聴いたことのある「プラセンタ」ですが、PMSの症状を緩和する効果が期待されているのをご存じでしょうか?サプリでも人気がありますので、既に取り入れているという人もいるかと思います。

プラセンタは生理不順や更年期障害などにも効果があるとされており、PMSの症状にもその力を発揮してくれると考えられています。プラセンタのサプリを3~6か月は継続することで、PMSへの効果が実感できるようになると考えてください。

チェストツリー

ここ最近では女性特有の更年期障害やPMS症状の緩和が期待できるとして、有名になってきたハーブの1種です。医薬品の中に配合して販売されているという現状もあり、サプリでチェストツリーを摂取するのは効果的だと考えられます。

主にイライラする症状や倦怠感などの心に対する症状を緩和出来ると言われています。

テアニン

お茶に含有されている成分である「テアニン」には、イライラしてしまうPMS症状に対して緩和効果が見られます。お茶を飲んでもごく微量しか摂取できないので、テアニンはサプリで摂取する事をお勧めしています。

なんとなくイライラしそうだなという時や、PMS期間中の睡眠前に摂取すると効果的です。

セントジョーンズワート

聞き慣れない名前ですが医薬品の中に配合されるハーブの1種になります。PMSの症状で、鬱っぽくなってしまう場合や、イライラして感情コントロールが出来ないという場合に効果があります。

マイナス思考やネガティブな考えを取り除いてくれるという事で、サプリで摂取してみてもらえればと思います。

ビタミンB6

ビタミン類の中でとても優秀なビタミンB6をサプリで摂取してみましょう。気分が落ち込んでしまう場合や、鬱っぽくなってしまう方にはとてもお勧めです。自律神経に働きかけることが出来るので、精神的な症状の緩和に期待が持てます。

PMSサプリの探し方と飲み方

上記の成分をサプリから摂ることで、PMSの症状を緩和させることが出来ます。是非積極的に症状にあったもの、体にあったものを選んで摂取してみてください。

また、PMSサプリという括りだけでなく、生理痛や更年期障害、妊活向けのサプリでも、同じような成分が配合されています。どのようなサプリにしても、上記で紹介しているような、ホルモンや精神面に効果があるようなものを選ぶことが大切です。

続けてこそ効果を期待できるもの

サプリは1回、2回飲んだだけでは意味がありません。継続して、症状が出ていない時でも飲み続けるのが鉄則となります。2か月・3か月と飲み続けることで症状への効果が見えてくるようになりますので、長く付き合う必要があります。

そのため、ある程度無理のない価格のものを選ぶことも大切です。金銭面で続けられないということにならないよう、お財布と相談して検討をしましょう。